ペヤング・リーグ、日本代表

グッド・ぺヤングス

新潟の山 | main | インド ~ブッダガヤー~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
インド ~帰国とか思いついたこととか~
インドの思いついたことなどをつらつらと。




そういえば、バラナシの宿からボーっとガンジス川を眺めていたら、

川に死体が浮いていた。

別に珍しい光景ではなく、よくあることらしい。

友達や宿に泊まっていた人たちは写真を撮っていた。

わたしは、ちょっと死体に悪い気がしたので撮りませんでした。



ガンガーでは、死体を燃やして川に流しているんだけど、

貧しい人は燃やす為のが買えなくて、

生焼けで流されてしまうのです。

私が泊まっている間にも、2回ほど生焼けの死体を見ました。

でも、1体目は頭から血を流していたなあ。

何か事件の香りが・・・。



でもインドでは、死体なんか日常茶飯事。

血が出てる死体が流れてても、すぐ近くでみんな水浴びしてるし。

きっと自分に関係無いことには興味ないんだろうなあ。


どこかの駅の階段を下りてたら、じいちゃんが死んでた。

でもみんな普通。チラ見さえしない人もいる。

意図的に避けているのではなく、「興味が無い」みんなそんな顔。

目の前で人が死んでいるのに不謹慎だけど、

ちょっと可笑しい気分だった。なんでだろう。

きっと、誰かの死よりも、自分の生活のほうが大切

という考えが、当たり前のものとして目の前にあったから。

日本ではまずこんなことは無い。

誰かが倒れていたら誰かが助ける。誰かが死んでいたら大騒ぎだ。

人の命を尊ぶという素晴らしいことではあるかもしれない。

しかし、インドの「それ」もまた決して非難されることではない。


彼らの日々の貧しい生活の忙しさのあまりに、そんな無関心なのか

それはわからない。しかし、悪意はないとおもう。

逆に「助けるのが当たり前だから」という当たり前さ従って

人を助けるならば、それはなんだか無気味だ。

どちらが「良い・悪い」の価値観ではないと思う。

自・他の思想が根本的に違うのかもしれない。

その国の、国に生きる人たちの「無意識の思想」なのだろう。

私は、助けるのが当たり前、という思想に従うのはイヤだし、(ひねくれモノ)

かといって目の前で人が死んでいくのもイヤだ。

助けたいと思った時に自分がそうすれば良いと思う。

誰に誉められる為の行為でもない。自分がそうしたいからそうする。

そうありたいと思う。





インドの電車。「インド」を感じることが出来る。

色んな所で散々言われているけど、

まず時間どおりには来ない

自分の席に他のインド人が乗っている。

チケットを見ても、どこに乗ったらいいかわからない。


など、インドならではの適当さが満載のスーパー・アトラクション。

日本人流に乗ったのでは手痛い洗礼を受けてしまう。

なので私も適当~なスタイルで、電車ライフを満喫しました。

チケット無くてもいいや~、乗っちゃえ~とか。

勝手に他人の席に乗ったりとか。


どうにかなります。


インド全般に言えることだけど、私たちが普段日本で生活している感覚で

インドに行くと、全然楽しめない

インドでは、毎日遊園地だと思えば楽しめる。

商魂たくましいインド人に押売られても、アトラクションと思えばへーき。

ボッタクられそうになっても、交渉してそれを楽しむ。

道端はうんこだらけ。(牛糞だけでなく、人糞もたくさん)でも単なる風景。
(でも、うんこだらけの遊園地はいやですね 笑)


適当になれる、物事を楽しめるというのは才能だと思う。

それが出来ないと、せっかく行ってもストレスがばかりが溜まってしまう。

日本でも適当にいるのがいい。会社じゃ怒られるけど・・・





帰るとき。

インドでだら~っとしているのも良かったんだけど、

なんだか主体的に旅してないな、と思って帰ってきた。

なんだか生き急いでる感じもしたが、

「旅してる」って実感が薄れてきていたから。


ゆる~いリズムでずっといるのも飽きるものですね。贅沢かな。





あと、色々インドで思いついたこと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ダージリンに行くバスの運転手が、地下プロレスラーみたいだった。

久美子ハウスの隣の家で結婚式があがったんだけど、

次の日離婚してた。さすがインド人。

都市部の食堂では、日本人向けに和食もあった。

焼きソバとかカツ丼(チキン)とか。

日本で食べるのとはだいぶ味が違うけど、

なんだか妙なテイストでおいしかった。

味噌汁のもとを友達が持ってきてたので、飲んだらすごいおいしかった。

日本食が寂しいとはあまり感じなかったけど、でもおいしかった。

インドのニューデリーにマックがあった。

鶏肉でカレー味だった。マサラで味付けをしているからかな。

インドの子供は可愛かった。

夜中に野犬10匹くらいに囲まれた。狂犬病を思い出し、死を覚悟した。
(結局噛まれなかった)

久美子ハウスで牛ハンバーグを食べた。いいんだろうか・・・

インド産のビール「キングフィッシャー」とか、あまりおいしくなかった。
(保存料の味がした)



ああ、またインドいきたいな・・・
| | 14:44 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://marya1next.blog93.fc2.com/tb.php/13-9a4c6935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

 

マーヤ

Author:マーヤ
ぼ〜〜〜っと、自由奔放に。

リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。