ペヤング・リーグ、日本代表

グッド・ぺヤングス

インド ~ダージリンとインドのおっさん~ | main | ジンギスカンキャラメル
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
インド ~バラナシとバングラッシー~


聖地、「ベナレス」へ行く途中の車の中から
インドの地平

なんでもない景色だけど、なんとなく。





バラナシ(ベナレス)は、ヒンドゥー教の聖地だ。

ガンガー(ガンジス川)に沿って

「ガート」と呼ばれる沐浴場がずっと続いている。
昼間のガート

なんだか、ここに来てようやく

「インド」

に来たんだな、って感じた。



宿は日本人の久美子さんが経営してる

久美子ハウス」にお世話になった。

インドに行く手引書には大抵載ってる、有名な宿。

朝晩ごはん付きで、一泊が日本円で大体

100円~200円かな?

貧乏旅行人にはありがたいですm(_ _)m

部屋の端っこには、トカゲがワサワサ棲んでいる。
トカゲさん

なぜか、常に2~3匹居た。

つやつやしてて、キレイで愛嬌のある顔だった。
(別に害は無い。居るだけ。)

久美子ハウスでは猫を飼っていて、大人びた↓
大人猫

と、やんちゃ坊主の"クロ"子猫が

毎日ヒトの部屋に入ってきては、

ドタバタと賑やかに遊んでいた。



せっかくだからガンガーで泳ごうということになって、

宿に泊まりあわせていた方たちと沐浴に行った。
沐浴

って、少年!隠しなさい(笑)

※ガンガーに入って肝炎になった、皮膚が炎症した
 などという話も聞くので、入るときはくれぐれもご注意を





何日か泊まってたら、泊まり合わせてた50歳くらいのおじさんに、

「交差点のところにバングラッシーがあるから、飲んできてみたら?」

と勧められた。



バングラッシー?
何かと尋ねたら、大麻入りのラッシーだと教えてもらった。

じゃあ行きますか、とおじさんに連れてってもらって行ったところは、

なんと交番のすぐ隣り

中を覗くと、視点の合ってないインド人が何人か

店のベンチに座っていた。

身なりの整った上流階級そうなインド人も居た。

インドが大麻に寛容な国だとは聞いていたけど、

まさか交番の真横なんて(笑)

交番の警察官は別に気にしていない感じ。




私たちも、なるほどインド、って感じで

ラッシー屋に入っていった。



ラッシーには、

「ライト」、「ミディアム」、「ストロング」、

「マハラジャ」

の4ランクがあるらしく、私は

ライトでいいよって言ってたのに

「ストロング」を飲まされた。
(マハラジャじゃなくて良かった)

大麻を消化器から摂取した場合、

大体30分くらいしてから効果が現れるらしいので

すぐに宿に戻ることにした。



ワクワクしながらベッドで横になっていたら、

視界が振り子が揺れるように、大きく左右に往復し始めた。

あ、キマッてきたんだなーっと思いながら、

あまりうまく歩けないのでベッドで横になっていた。






外で遊んでいる子供たちの笑い声が

何百回と同じ調子で聞こえ、

しんちゃんや宿に泊まっていた人たちの会話が

「宇宙人」の会話に聞こえて、

窓から鳥が迷い込んで私の顔を

不思議そうに見つめ、

被害妄想が膨らみ始めた。

「あ、この被害妄想の感覚って、やっぱり大麻のせいなんだろな」

しんちゃんはずっと窓から外を眺めて

ニヤニヤしていた。

私は、なんだか面倒くさい感情だな~と思って、

眠った。
| | 20:41 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://marya1next.blog93.fc2.com/tb.php/10-f5ce45e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

 

マーヤ

Author:マーヤ
ぼ〜〜〜っと、自由奔放に。

リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。